軽い身体の不調にはマッサージがおすすめ。

女性の体調不良には、セルフマッサージで改善できるものもあります。デスクワークに従事するビジネスウーマンや、育児中で授乳をするママには、肩凝りに悩まされる人は多いことでしょう。同じ姿勢を続けることで、首や肩回りの血行が悪くなるため、肩がこり、深刻になると頭痛や目まいを引き起こすこともあります。肩凝りを自覚したら、まず自分で優しくマッサージしてみましょう。

首と肩に手のひらを当てて、体温で温めたり、片手をもう一方の肩に当ててじっくりと圧をかけてみたり、手を当てながら首を前後左右にゆっくりと動かすだけでも効果がありますよ。また、パソコン作業などが原因の眼精疲労には、こめかみをゆっくりとマッサージすることをおすすめします。眼精疲労は頭痛や目まいの原因となるので、長時間目を酷使している方は、目を閉じて手のひらを優しく瞼に当ててみると良いでしょう。さらに、セルフマッサージは、女性に多い冷え性にも良い場合もあります。膝を立てて床に座り、ふくらはぎを下から上に向かって両手で揉みます。全身の血行が促進されるため、つま先や指先が冷え切ってしまう人や貧血気味の人はぜひ試してみてくださいね。

セルフマッサージは上記のような症状に効果があるので、病院に行くほどではないという程度の身体の不調を解消するのにおすすめです。ただし、身体のどの部位をマッサージするときにも、力を入れて何度も繰り返すのでなく、ゆっくりと優しく気持ち良いぐらいの加減で行うことを意識しましょう。力を入れすぎると揉みごわりを起こしますので、注意してくださいね。